オランダ語 独学のすゝめ

オランダ語は独学で習得出来る。情報さえあれば。

私文書を公文書にするノータリゼーション(公証)とは?【オランダ語移住手続き 】

f:id:tatsuki_11_13:20180725024630p:plain

オランダ移住手続きするために、日本で準備する書類があると思います。

というかあります。

 

住民登録や運転免許証の書き換えなど、日本の書類をオランダの市役所に提出することになるわけですが、

 

オランダの市役所に日本の書類をそのまま提出しても、受け取ってもらえません。

 

日本で発行された書類を海外の公的機関に受け取ってもらうためには、この書類が公式なものであるという証明が必要になります。

そして、その証明には主に3種類あります。

  • ノータリゼーション
  • アポスティーユ
  • リーガリゼーション

です。

 

今回はこのうち、ノータリゼーションについて解説してきます。

 

アポスティーユ・リーガリゼーションについては下の記事をどうぞ。

nl-study.football-dou.com

 

 

 

 

まず、なんで認証が必要なの?

おそらく、「なんで戸籍抄本がそのまま受理できないんだよ!」と皆さん苛立っていることでしょう。

ですが、戸籍抄本ですら所詮は日本の書類であり、オランダの市役所にとっては未知の書類な訳です。

 

これは、日本語で書かれてて読めないからという問題ではなく、書類の信頼度の問題です。

 

例えば、日本の正式書類の中の正式書類「戸籍謄本・抄本」には、「本籍」「出身地」などが載っています。

この「本籍」というシステムは、実は日本独自のもので、オランダ含め多くの国では「出身地」のみしかありません。

なので、多くの国では「出身地」をパスポートに載せるのですが、日本では「本籍」をパスポートに載せますよね?

 

というように、この「出身地」という言葉は、オランダの「Geboorteplaats」のようには日本国民は使っていないわけです。

 

このように、他国の書類はそのままでは信頼できる書類とは言えないため、

その書類が本当に信頼できる書類であることを正式に専門機関に認証してもらう必要があるのです。

 

認証が担う役割によって認証の種類が別れるわけですが、

その中の、ノータリゼーションについて次から解説していきます。

 

 

私文書の認証:ノータリゼーション(公証)

まず、世の中の書類は2種類に分類できます。

公的機関が発行した「公文書」と公的機関以外が発行した「私文書」の2つです。

 

卒業証明書、翻訳文、遺言書などが私文書になるわけですが、この私文書はまずノータリゼーションされなければいけません。

 

私文書をノータリゼーションするということは、

「この文章は私にとってどういったものです。」

ということを正式に申告して、自分と文書との関係性を正式に証明してもらうものです。

 

例えば卒業証書の場合は、

「これは私のもので間違いありません。」ということを申告して認証してもらうことで、卒業証書の偽造ができなくなり、あたなの学歴を証明する信頼性のある書類となります。

その証明として公印をもらうことができ、また、公印があることで公文書として認めらることになります。

 

遺言書はノータリゼーションをしていないと裁判で意味をなさない。ということを考えてもらうとイメージしやすいでしょうか。

 

このノータリゼーションは公証とも言い、公証役場で行うことができます。

 

 

ノータリゼーションはアポスティーユ認証をもらうために必要 

この後に必要となるアポスティーユ認証は公文書に対する認証です。

なので私文書をオランダの機関に提出するべく、アポスティーユ認証を必要とする場合は、先にノータリゼーションを受けて公文書にしておく必要があります。

 

ノータリゼーションですが、本来これは日本国内で公文書として認めるというものです。

 

つまり、日本で行なったノータリゼーションは日本国内でのみ効果を成し、

オランダで行なったノータリゼーションはオランダ国内でのみ効果を成します。

 

なので、日本のノータリゼーションだけではオランダでは意味はなく、

オランダの機関(公的・民間問わず)に提出する際はアポスティーユ認証まで行わなくてはなりません。

 

それは以下の記事にて解説します。 

nl-study.football-dou.com

 

 

まとめ

話がややこしくなってしまいましたが、オランダ移住手続きのために必要なノータリゼーションとは、

「私文書をアポスティーユ認証するための前準備」

です。

 

主に、留学するために単位交換をするとなると、シラバスや卒業証明書をノータリゼーションすることになると思います。

また、

 

というわけで、色々と手続きはややこしいですが、頑張ってください!