オランダ語 独学のすゝめ

オランダ語は独学で習得出来る。情報さえあれば。

オランダ語の勉強、オランダに行けば本当に効率いいのか。

f:id:tatsuki_11_13:20180318101845p:plain

オランダ語を学習していると日本国内では、教材の少なさや勉強できる環境が整っていないことから、オランダに語学留学することを考える人も多いと思います。

 

ですが、オランダに行ってオランダ語を勉強するのは経済面的に考えてもそう簡単な選択ではないと思います。

 

今回は、オランダ語の勉強のためにオランダに行く必要はあるのか。ということについて自分の経験談から話していこうと思います。

 

 

現地に行ってよかったと思う点

オランダ語に触れるチャンスが広がる

やはり、オランダで生活しているとオランダ語に触れる機会は何百倍にもなります。

買い物をするにも、駅で電車に乗るにも、テレビを見るにも、オランダ語に触れることが出来ます。

 

特に、オランダ語の単語を覚えるためには、ただ単語帳を見て覚えるよりも実際に使える形で覚えることができるので、生活の中で単語やオランダ語の使い方を覚えられることは非常に良かった点だと思います。

 

語学コース・語学学校がある

日本でオランダ語の語学コースやレッスンを受けようと思うと、首都圏でやっと見つかるか見つからないか、という数の少なさだと思います。

ですが、オランダのある程度の街に行けば、移民向けの語学コースは十分にあります。

 

コースも語学のレベルに合わせていくつか用意されているものも多く、自分にあった授業をそれなりの価格で受けることできると思います。

 

 

現地に行かなくてもいいと思う点

オランダ語は急激には伸びない

現地に行けば必要に駆られて一気に語学力が伸びるという話はよく聞くと思いますが、自分はそんなに直ぐにオランダ語は伸びないと思います。

 

確かに、リスニングやスピーキングに関してはかなり勉強しやすさはあります。ですが、結局は大体が語彙が不十分でつまづきます。

 

確かに、オランダ語が喋れないと不便が多く、なかなか通じないオランダ語に焦りを覚えて勉強のモチベーションになることは間違いありませんが、

そのためにオランダへの渡航費と滞在費を出すのは高すぎると思います。

 

ネイティブと会う機会を作るにはかなりの行動力が必要

オランダに行けば、ネイティブと話す機会が増えるからそれだけでもいいじゃないか。というのもあると思いますが、語学学習のために来てネイティブの友達を作るのは大変です。

 

オランダの人はフランクなので、インターンや交換留学なんかでオランダに来るのなど、何か繋がりがあれば手厚く構ってもらえると思います。

ですが、語学学校やコースの為だけにオランダに来ると、日頃会うのは友にオランダ語を学ぶ非ネイティブです。

 

強いて言うと、ホストファミリーがいますが、オランダと日本の文化の話なんかは意外と早くに尽きます。なので、小さい子供がいればまだマシですが、そうでなかったらホストファミリーとは会話はなかなか弾みません。

 

非ネイティブでもオランダ語で話せるだけいいじゃないか。というのもありますが、非ネイティブ同士で話すと互いの訛りでほとんど通じません。

これが通じるようになった頃には、オランダ語での日常会話に困らないレベルまで来ています。

 

日本でもオランダ人と繋がれる方法はある

近頃はインターネットでもいろんな方法でオランダ語に触れることはできます。

YouTubeを探せば多くのYouTube動画オランダ語を聞くことが出来ますし、オンラインのオランダ語授業もいくつもあります。

 

また、言語交換アプリなんかを使えば、日本語を勉強したいオランダ人は意外にも簡単に見つけることが出来たりします。

 

そういうものを使えば、十分にオランダ語に触れる機会を確保できると思います。

 

 

まとめ

オランダに行ってオランダ語を勉強する必要があるのかという点について話をして来ました。

 

結論的に自分の意見を言うと、

オランダに来て勉強するのは、新聞もスムーズに読めるところまで文法や単語、読解力などを極めてからでいいと思います。

 

それだけの土台があれば、現地に行って伸びる部分は大いにあると思いますが、

それもなく行っても、結局自分でできる勉強が不十分だったことに行き着いて、オランダで部屋にこもって勉強する羽目になります。

 

これは、自分が本当にこれで無駄な滞在費を払ったと思っているので、皆さんにはしっかりとした準備をしてからオランダに来て、

オランダでのオランダ語ライフを楽しんでほしいと思います。