オランダ語 独学のすゝめ

オランダ語は独学で習得出来る。情報さえあれば。

NT2過去問解説 2001-2002/lezen・大問4

f:id:tatsuki_11_13:20180421210345p:plain

Voorbeeldexamens Programma II 2001-2002 - Staatsexamens Nt2

オランダ語試験のNT2の過去問解説です。
上記のリンク(NT2公式HP)より過去問はダウンロードできます。
こちらは2001/2002年度の大問4のみの解説です。

 

f:id:tatsuki_11_13:20180421210636p:plain

 

・訳
使い捨てライターとの論争にあるエコなマッチ
マッチの点火には二酸化硫黄が放出される。新しい環境汚染なマッチはこの問題を知らない。硫黄はこれによって酸性雨との問題に少し影響を与える。

 

・解説
Luciferはマッチ。
Wegwerp〜で使い捨て〜になる。Aanstekerはライターなので使い捨てライターになる。
Aanstekenは火をつける、感染するという意味。感染するにはbesmettenという言葉もある。
Zwavelは硫黄、diocydeが二酸化という意味なので、二酸化硫黄。
Bijdrageは貢献、なので、bijdrage leverenで貢献を届ける、つまり影響する。

 

 

 

f:id:tatsuki_11_13:20180421210349p:plain

 

・訳
新しい、議論のあるマッチは外見には何も違いは見えません。点火している時も注もすべき所は何もありません。黄い火が同時につくと、どちらのマッチもが放つ香りは放つが、確かに違います。点灯中、一方は気体の硫黄を残しますが、もう一方ではあの悪臭が残らない。てっぺんが最後になると、新しい環境汚染なマッチは、つまりそれ以上硫黄を発生させません。

 

・解説
Geurは香りというニュアンスで、香りでも悪臭ではない匂い。悪臭はあとで出て来るstank。
Achterwegeは後に残さない。
Namelijkはすなわち。

 

 

f:id:tatsuki_11_13:20180421210352p:plain

 

・訳
マッチの発展は前世紀に入り口にちょうど来たところである。最初のサンプルはFransman J. Chancel(1805)のドンペルマッチでした。これは、とりわけ硫黄と塩素酸カリウム、そしてあらビッシュゴムを含んだ頭のついた木片でした。使用者はこの棒を濃硫酸の瓶に浸けて、そしたら頭が燃えました。素晴らしい発明は、実際はそうでもなく、浸蝕性の酸が多くの事故の原因になりました。

 

・解説
Onder meerはとりわけ、主に。
Kaliumがカリウム、Chloorが塩素なので、kaliumchloraatは塩素酸カリウム
Aardigは素敵な、親切な、変な、相当な、など。

 

 

f:id:tatsuki_11_13:20180421210354p:plain

 

・訳
アイロンマッチは後継者として出てきました。亜硫酸アンチモンの追加によって、紙やすりに対して擦り付けることでマッチに火をつけることが可能になりました。一般的だった酸はこれによって不要になりました。しかしながら、頭の火を起こすのには努力を要しました。その問題は後に白リンによって硫黄を取り換えることで解決しました。しかし、その物質は非常に有毒であり、加えてマッチを萌えや過ぎるようにしてしまいました。

 

・解説
Stijkijzerがアイロン、strijkenがアイロンをかける、シワを伸ばす、こするという意味です。
Schuurは納屋という意味ですが、schuurpapierは紙やすり、サンドペーパーです。
Overbodigは不要。
Vattenは捉える、理解する、起こす。
Vervangenは取り替える、交換する。
Fosforはリン。
Giftigは有毒な。Gifは毒。
Ontvlambaarは可燃性の。

 

 

f:id:tatsuki_11_13:20180421210357p:plain

 

・訳
大きな革新は安全マッチ、Zweed Gustav Erik Pasch(1844)のsäkerhets tändstickorでした。それは初めの燃えにくい亜鉛アンチモン付いたアイロンマッチから生じ、次にそのアイロン面に赤リンを塗ることに発展しました。頭がそれに沿ってすられた時、火が発生しました。赤リンは白リンのとは異なり、非常に低い危険性で、かつ空中では発火しません。

 

・解説
Doorbraakは革新。
Het ging uit van〜で〜から生じる。
In tegenstelling tot〜で〜とは反対に。

 

 

 

 

f:id:tatsuki_11_13:20180421210404p:plain

・訳
科学合成物が長年にわたって少しずつ適切化された安全マッチは最大に売れます。頭には一般的に硫黄、二塩素酸カリウム、酸化マンガン、塩素酸カリウム酸化亜鉛、そして完全にお互いをくっつける接着剤が含まれます。こする面には赤りんが今だに使われています。棒は多くはあまり樹脂を含まない育ちが早い樹種であるポプラの木から作られています。

 

・解説
Samenstellingは構成、成分、組織。
In de loop der jarenは長年に渡って。
Enigszinsは少しだけ。
Doorgaansは普通に、普段通りに、一般的に。
Lijmはのり、接着剤。なので、Lijmstofは接着用の物質。
Harsは樹脂。

 

 

 

f:id:tatsuki_11_13:20180421210408p:plain

 

・訳
マッチ棒の頭が、塗られている部分に沿って擦られると、リンと塩素酸カリウムが反応することで摩擦熱が発生します。硫黄と塩素酸カリウムの間で引き起こるこの反応で火花が発生します。触媒の酸化マンガンと塩素酸カリウムに加速されることによって、きれいな炎が発生します。

 

・解説
Verflaagはverfが塗るという動詞vervenからきていて、laagは低いという意味の形容詞でもありますが、名詞としては層、階級という意味もあります。なので、verflaagは塗られいる層・部分という意味です。
Wrijvingは摩擦、擦れることです。
Vonkは火花のこと。
Teweegbrengenは原因になる、引き起こすで、veroorzakenやopdoenなどと同じような意味。
Zwavelは硫黄。
Aangezwengeldはaanzwengelenが始動させるという意味なので、始動させられた。Zwengelenでは上下に動かすという意味。
Katalysatorは触媒。複数形はkatalysatorsまたはkatalysatorenのどちらでも良い。

 

 

 

f:id:tatsuki_11_13:20180421210411p:plain

 

・訳
マッチは少しの環境汚染です。点火の時に環境の汚染に働く二酸化硫黄を放出します。オランダでは、約1万本の大人の木に騒動する推定1000万本のマッチが消費され、これは2万キロの放出を意味します。しかし、オランダでは二酸化硫黄汚染が年間23億キロ起きているので、それを取られるためにマッチを第一のようには見ないことが重要です。

 

・解説
Naar schattingは推定で。Schattenは評価するという意味です。

 

 

f:id:tatsuki_11_13:20180421210447p:plain

・訳
どれだけマッチが少ない汚染であっても、(2万キロの二酸化硫黄を年間6万キロ乗られているディーゼルの町バスによる排出と比較する。)綺麗な環境へのどんな貢献も歓迎だ、とSwedish Matchには考えている。

 

・解説
特になし。

 

 

f:id:tatsuki_11_13:20180421210415p:plain

・解説
これはオランダでの55%の市場シェアを誇る世界でも最も大きいマッチメーカーの一つで、そこでZwaluwマッチは最も重要なメーカーです。最大手メーカーとしてこのメーカーは今硫黄フリーマッチを取り入れています。

 

・解説
Fabrikantは製造業、メーカー・製造業者
Aandeelはパート、業界シェアなど。
Introducerenは紹介する以外に導入する、始めるという意味もある。

 

 

 

f:id:tatsuki_11_13:20180421210419p:plain

 

・訳
2年間、科学者たちはこの製品のために働きました。硫黄を彼らは同時に酸化鉄とリン酸塩で燃焼が開始する棒に粘着する環境に優しい鉄リン化合物と交換しました。F. van Assendelftによると、Swedish Matchの広告部長は鉄リン化合物をそのマッチの質から外さなかった。燃焼プロセスはよく進みます。加えて、新しい結合は好意的な副作用を持ちます。頭にある同様な環境汚染な触媒はこれで不要です。

 

・解説
Chemiciは科学者の複数形。単数形はchemicus。
Verbrandenは焼却する、日焼けする、焦がすなどの意味。一方でbrandenは燃やす、燃えるという意味。
Afdoenは服を脱ぐ、仕事を終わらす・片付ける、問題を解決するなど。
Neveneffectは副作用。Nevenはneef、つまりいとこという意味の単語からきている。
Eveneensはまた、同様にという副詞。

 

 

f:id:tatsuki_11_13:20180421210424p:plain

・訳
環境に優しいマッチの途中で一度、Zwedish Matchは他の環境汚染要因を製品から削除しようと試みました。頭の糊を固定し、頭を水分から保護する、水を汚染する酸化亜鉛を毒性のなくそれでもよく働く石灰石に交換しました。エネルギーを貪り食うプロセスで動物の皮膚から獲得する糊のために、土壌由来のデンプン糊と製薬工場からのゼラチン廃棄物の合成物が代わりに使われました。そして、今後は箱は再生紙と再生ダンボールがが使われます。

 

・解説
Trachtenは試みる、pogen,proberenと同じ。
Ontreigenもvervuilenと同じく汚染する。
Vochtは水分。
Verslindenは貪り食う。Schrokkenも同じ意味。
Plantaardigは土から来ている。
Stijfselはデンプンやのり。
Farmaが製薬なので、farmaceutischはその形容詞。
Vooraanは今後から。Van nu af aanも同じ意味。
Kringloopは循環する。なので、kringlooppapierは再生し、kringloopkartonは再生ダンボール。

 

 

f:id:tatsuki_11_13:20180421210429p:plain

・訳
Van Assendelftは環境に優しいマッチの到来と共に製品がまた大きな市場シェアを獲得すると予想している。前の10年間は使い捨てライターが80%の市場を占めた。70年代は下位のオランダやヨーロッパの他の場所のマッチメーカーが彼らの店を閉めなければならないことも理由でした。Van Assendelftは環境は現在、重要な位置にあります。プラスチックライターは言うまでもなく汚染者です。なので、私は消費者が一部またマッチに乗り換えると思います。

 

・解説
Eldersは他の場所でもという副詞。
Deruren sluitenで閉店する。
Centraalは中心的という意味で重要なという意味にもなる。
Uiteraardはもちろん。同じ意味にはzelfsprekend、uit de aard der zaak、natuurlijkなどがある。
Voor een deelは一部という副詞。