オランダ語 独学のすゝめ

オランダ語は独学で習得出来る。情報さえあれば。

NT2過去問解説 2001-202/lezen・大問1

f:id:tatsuki_11_13:20180420071421p:plain

Voorbeeldexamens Programma II 2001-2002 - Staatsexamens Nt2

オランダ語試験のNT2の過去問解説です。

上記のリンク(NT2公式HP)より過去問はダウンロードできます。

こちらは2001-2002年度の大問1のみの回答です。

 

f:id:tatsuki_11_13:20180420031256p:plain

 

・訳
宛先:従業員
送信者:財務部
タイトル:2000/2001年度通知 no.2
日付:2000年9月1日

必要経費の規則
必要経費の最終提出締切日
全ての従業員は2000年7月中までの期間の必要経費報告(食事、通勤、住居、またその他費用)をできるだけ早く、遅くとも来たる9月15日までにセクターまたは部署で一緒に財務部に提出することを依頼されています。全員1999/2000の年度を正式な方法で片付けるために。上記の日付以降に提出された1999/2000年度の報告は経費年の締め切りの関係で、払い戻しはそれ以上考慮されず、返送されます。

 

・解説
Ond.はOnderwerpの略で、タイトル、Dat.はdatumの略で、日付。です。

Decleratieは所要経費、報告・申告という意味です。

Dochはしかしという逆接の意味の接続詞です。

Teneindeは〜のためにという意味です。

Afwikkelenはロープなどを解く、問題や取引を片付ける、などの意味があります
Wikkelenなら、ロープを巻く、問題に巻き込む、包むなどに意味になります。

In verbandは〜の関係でという意味。

In aanmerking komenは考慮に入れるという意味。Niet meer in aanmerking komenなので考慮にこれ以上入れないという意味になります。

Vergoedingは払い戻し・返済。Vergoedenが同士で、払い戻す、返済する。

 

f:id:tatsuki_11_13:20180420031619p:plain

 

・訳
支払い
交通経費は10月の給料と一緒に支払われます。それ以外の所要経費は完全に同意を得た条件のもと、財務部が報告を受け取った2週間以内に支払われます。

交通費
キロメートル支払いは以下の料金形態で有効です:
自家用車での仕事の移動(予算管理者の許可の元で)は1kmあたり0.49ギルダー

公共交通機関での交通経費は予算管理者の同意のもと完全に支払われます。

 

・解説
Mitsは〜の条件で、〜の時に、という接続詞で、主に形容詞句が来ます。

Overmakenは移す、引き渡すという意味です。

Tariefは運賃(表)、低下などの意味になります。

f 0.49のfはギルダーというオランダでユーロの前に使われていたお金の単位です。
ユーロ導入が2002年なので、この試験の年ではまだギルダーが使われていました。

Integraalは完全にという意味。

Accorderenは同意するという意味で、toestemmenと同じ意味で使えます。

 

 

f:id:tatsuki_11_13:20180420031633p:plain

 

・訳
税金
財務部で報告された総キロメートル数を管理されます。年度末に課税対象としての給料と一緒に0.68ギルダーから0.49ギルダーの間で違いを清算されます。
このため、つまり、あなたは申告を分けて提出する必要はありません。

提出の方法
全ての申告はそれぞれ合わせたの専用のフォームにて分けて行われます。支払い方法などが付け加えられている。

申告されるまでの期間の質問は Anja van der Meulen(tel:9474564)に直接できます。

 

・解説
Bijhoudenはそばにおく、遅れを取らないようにする、という意味です。この場合はそばに置く=管理・保管するというような意味合いでしょう。

Verrekenenは清算するという意味ですが、verrekenen zichの場合は誤算するという意味になります。

Derhalveはつまりという意味です。

Bestemmenが予定する、〜に向けるという意味で、bestemdになると〜に向けた、〜のための、という意味になります。

Bijvoegenは取り付ける、付け加える。

Omtrentは英語のaboutと似たような意味になり、〜について、おおよそ、という意味になります。また加えて、〜のそばにという意味にもなります。